2年目社員インタビュー “自分を動かした「やってみなよ」の社長の一言” 森内大樹編

 

社会人2年目を迎えた若手社員の本音を聞き出すインタビュー企画。
今回は新卒入社2年目にしながら「マーケティング部」を立ち上げた森内大樹(もりうちひろき)を紹介します。

 

自分の夢を叶えるために、『夢を応援する』会社で挑戦し続ける

 

─現在の部署を教えて下さい

森内:経営戦略室のマーケティング部で動いています。
業務内容としては、基本的にはコンサル系の提案、BP局で動いている案件にアサインされて、SNS運用や効果的な広告の出し方・インバウンド戦略のロジック組み等のアドバイス役としてサポートで入っています。実際に手を動かすところで言うと、プランニング・リサーチ・資料作成・提案までを行います。

 

─幅広いですね。元々マーケティングをやりたくて入社したんですか?

森内:当初はあまりそういう事は考えていなかったですね。入社当時はeスポーツが好きだったので、「eスポーツが国内でもっと有名で人気」な世界を作りたい!と思っていたんです。そのためにeスポーツ協会やeスポーツの会社を沢山受けたのですが、新卒採用をしている会社がなくて。どうしようかなーと思っていた時にWantedlyでエードットを見つけたんです。『夢を叶える』という企業理念を見て、僕の夢を話してみたんです。そうしたら社内の方々からの反応がとっても肯定的で、「この会社いいな」と直感で感じました。

 

─それで入社を即決した、という感じですか?

森内:最後の決め手は社長の一言ですね。社長面接の時に、社長が何も詳しいことは聞かずに「やってみなよ。」とただ一言、言ってくれたんです。この会社にいれば、自分がやりたいと思っていること本当にやらせてもらえそう!と高揚しましたね。

 

─根掘り葉掘り聞かずに、「やってみなよ。」の一言は社長らしいですね。笑
 実際にやりたい事は実践できましたか?

森内:なんでも本当にやらせてもらえますね。ただ、それなりのビジョンとそれなりにコアで世間的に可能性を感じられるアイデアを持っている、というのが当たり前の条件ですね。その上でスキルとそれを実現するための努力は必須です。これを兼ね備えての発信であれば“会社の方向性”に関係なく、どんなものでも取り込んでくれる、というのは本当でしたね。ただ「甘いもんじゃねーな」とは思いました。笑

 

自身のデスクの上には、今年獲った新人賞のとトロフィーが飾られている。

 

─新卒時代と今の自分を比べて、成長したなと思う事はありますか?

森内:2年目になっていちばん成長したと思うのは「自分に何が足りないか分かるようになった」事ですね。1年目は「自分は何も出来ない、何もやれることはない」と思って、言われたことをやるしかないという感覚だったんです。でも一つ一つの案件で経験を積んだ事で、2年目は「あ、自分にはここが足りていなかった」と気付き、それに合わせて先輩に的確に質問したり勉強するべきことが分かるようになった。という感じですね。
成長のパズルの欠けているピースが分かるようになりましたね。

 

─そういう考え方を見つけるためには何が必要だと思いますか?

森内:まず色んなことを経験することですね。経験を積むことで、いろんなところで“つまずく”んです。つまずく=出来ない、だから出来ないことが見えてくるんですかね。その上で知識をつけていくことが重要だと思います。

 

─私から見て、森内さんの働き方は無駄な時間ゼロ!というイメージがものすごく強いのですが、息抜きの時間はあるんですか?

森内:今はあまり作れてないですね。でも実はこの業界では無駄な時間って非常に重要だと思うんですよね。仕事中にお茶する時間とか雑誌を読む時間など“インプット”する時間って本当に大事なんです!アウトプットばかりしていると狭い世界で、何もわからない頭の中から絞り出したものになってしまうんですよ。やっぱりいちばん成長することは「知る」事だと思います。

 

この2年間で色んな経験をされてきたと思いますが、いちばん印象に残っているエピソードはありますか?

森内:前提として、毎日の業務全てに対して、やりがいを感じていたし凄く大変だったし、自分の成長につながっていたな、と思いますね。一個も無駄だったと思うことが無いですね。その上で、マーケティング部を発足して1ヶ月弱経った今、マーケティングの提案を受注したんです。それを通して、今自分が考えていることは無駄じゃなかった、決して求められていないものではなかったんだ、と一つの自信になりました。なので、もっとこの分野を極めていこうというやる気にもなりました。 

 

─そのマーケティング領域に踏み込んだきっかけを教えて下さい。

森内:もともと自分の性格が「なぜやるのか?」「何が目的なのか?」が定まっていないと気持ちが悪い。というタイプだったんです。この会社で1年間仕事をしていて、一番気になったのが、『目標』と『何故やるのか』という部分をあまり深く追求出来ていなかった事だったんです。自分は本質的な事が好きだと気づいて、「ストラテジックプランナー」というポジションに付きたいと思いました。それでマーケティング部を発足しました。

 

─今後新たに挑戦していきたいことを教えて下さい!

森内:マーケティングって経営戦略や事業戦略のうちの一部でしかないので、いまは事業戦略も同時に勉強しています。そこまで勉強しないと、マーケティングの本質的な部分までわからないので。今後は経営戦略を包括的に学んでいきたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。